どのような相手か(引合い先、需要者等の確認)、どのような用途に使うのか(具体的な用途の確認)等のチェックを行い、当該取引を進めて良いか否かを判断することを指します。