該非判定とは、輸出しようとする貨物、提供しようとする技術(プログラム含む)がリスト規制貨物等に該当ものであるか否かを判定することで、ダブルチェック体制としての実施が望まれています。

 

該非判定書とは、該非判定の結果を記した書面ですが、以下の各項を注意することが必要です。

・国内販売先に自社製品などの該非判定を求められた場合は、判定の責任範囲を明確にした判定書を発行します。

・社外から調達した製品や部品等を輸出する場合で、自社で該非判定が困難な時には、メーカー等から該非判定書を入手します。

  • 外為法の責任は、基本的には輸出者が負うことになります。
  • 入手した判定書を鵜呑みにしないで、自社でも再確認をすることが必要です。
  • 法令改正時などには、該非判定結果の見直しを行うことが必要です。