お知らせ&最新情報

CP&RMセンター支援内容

1.該非判定支援/輸出・技術取引業務支援

該非判定支援/輸出・技術取引業務支援

  1. 該非判定書(パラメーターシート)作成 該非判定を支援
  2. 包括許可取得支援
  3. 法改正への対応支援
2.自主管理体制の 構築支援

  1. 安全保障貿易管理普及のためのセミナー
  2. 該非判定技術士育成セミナー
  3. 安全保障貿易管理の実務能力認定資格取得セミナー
3.輸出管理人材育成/STCセミナー開催

輸出管理人材育成/STCセミナー開催

不安定な世界情勢の中、我が国の製品や技術が不法に武器・兵器に使用されることを防ぐために内部規程の策定、自主管理体制の構築は緊急の課題です。当センターでは、現実的で持続的な内部規程、体制の構築を支援します。

該非判定・検討依頼

中古機械の輸出

 

知らなかったではすまされない!輸出許可や該非判定が大切な理由

輸出管理輸出許可が必要なものにも拘らず、輸出をしてしまった場合、大変重い罰則が待ち受けています。これは、故意でなくても、輸出許可が必要かどうかの該非判定を誤ってしまった場合や法律自体を知らなかった場合であっても免れられません。

たった一回の不用意な取引が原因で、場合によっては会社の存続に関わる危険性がありますので、決して軽視出来るものではありません。

また、自社が輸出する場合のみならず、取引先や通関業者さん等から要求されて提出した該非判定書や非該当証明書に誤りがあった場合も責任を追及される可能性があります。さらに輸出管理の対象には、単に品物(貨物)の輸出にとどまらず、技術(役務)も含まれております。これには、技術指導、設計図、技術文書、ソフトウェアといった電子データとして提供できるものまで含まれます。しかし法令をしっかりと理解した上で手続き面を完全にしておけば、逆にそれが参入障壁にもなり得ますので、しっかりと取り組む必要があります。

安全保障輸出管理は、「技術士」の手で

日本の技術やノウハウが常に流出の危険にさらされている状況において、産業界、大学等がグローバル化を競合優位に展開するためには、安全保障貿易管理は正確で、事業活動を滞らせない迅速さが要求されます。このためには、広範な分野に於いて法律で規制される技術が理解でき、懸案とする技術を正しく評価できることが必要です。各分野のエキスパートが所属している当センターはそれが可能です。

また各分野が協働して同一の問題解決に当たり時間短縮を図ることも可能です。

 

技術士の一覧をみる
 

過去に例のない貿易管理案件にも対応可能

解決従来の方法では判断が難しい場合に遭遇する機会は社会の多様化に伴い今後益々増加してまいります。
我々プロ集団は、培った技術、思考方法を駆使し又これまでの経験を活用し、需要者様にとって未経験の課題に対して正確、着実に対応してまいります。

お気軽にお問い合わせください。03-5731-2382受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]
(不在時は折り返しご連絡いたします)

メールでのお問い合わせはこちら
お気軽にお問い合わせくださいScroll Up
MENU